Written by: admin株をするならファンダメンタルズ分析を

投資といえば、やっぱり株。株式売買をこれから始めたいと思っている方に向けた情報です。

株式売買は、銀行の定期預金とちがって元本保証がありません。そのため、ギャンブルだと感じている方もいらっしゃるでしょう。ですが、株式売買をギャンブルにするか、きちんとした投資にするかは、あなた次第なのです。

株式売買で利益を得る方法は、金融商品として株式を安く買って高く売るというのがひとつ。それから、株式を保有しておいて配当金をもらうというのもひとつ。さらに、最近は少なくなってきましたが、一定数以上の株式を保有している株主には株主優待という制度もあります。これは、関連会社の割引券などをもらえたりするので、たとえばその会社の商品をよく買うという方などにとってはかなりメリットのあるサービスといえるでしょう。

さて、以上のどの方法から利益を追求するにせよ、株の銘柄選びが大切です。また、売買で利益を追求するなら、これからの株価の値動きもきちんと予測することが大切です。しっかり研究をして、学問的に値動きを予想し注文するのであれば、決してギャンブルではありませんよ。

株式売買で重要なのは、ファンダメンタルズ分析だと思います。ファンダメンタルズ分析とは、企業の資本や債務債権、経営状況、将来性などといった、企業が持つ本質的な価値を分析することです。これにより何を知るのかというと、現在の株価は割安/割高なのではないかいうことを考えたり、今後は株価は上がるのか下がるのかなどといったことを予想するるのです。 株価と言うのはその会社の価値と連動します。業績の良い会社、信頼のおける会社なら、一時的に値下がりしても動じることはありません。

ですが、いろいろと問題を抱える会社や悪評が高い会社などの株券は、早めに手放す方が安心かもしれませんね。そういうことを見極めていくのがファンダメンタルズ分析です。ファンダメンタルズ分析のためには、様々な方面から関連ニュースを仕入れるようにすると良いでしょう。

Written by: admin株式投資をするならロウソク足を読もう

株式投資をするなら、過去にその銘柄がどのような値動きをしてきたのかを読み込むことは、非常に重要です。過去のいつのタイミングに、どのような背景・原因を受けて、どのような値動きをしたのか。こういったパターンを読み込んでいくことで、今後の値動きを予測できるようになってきます。

過去の値動きをしるためには、ただ株価を表にするだけでなく、やはりグラフ化して見ることが有効です。グラフ化したものを「チャート」と呼ぶことも多いです。チャートにもいろいろありますが、基本はやはり、時系列に株価を曲線で描いていくものですね。でも、みなさんの中にはこれらの曲線の上に、線や長方形がいろいろ書き込まれているのを見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。線が書き込まれているのは、上がりきるポイントや下がりきるポイントを予測するために投資家の方がそれぞれ様々なパターンや計算式に当てはめて書き込んでいるものです。では、白や黒の縦の長方形は何でしょうか。これは、「ロウソク足」と呼ばれるものです。株価の値動きを知るためには、ロウソク足は欠かすことのできないツールです。ここでは、ロウソク足の味方についてご説明したいと思います・

ロウソク足は、黒または白の縦長の長方形と、その上辺から上に向かって伸びる直線、下辺から下に向かって伸びる直線で構成されています。それぞれ、意味があります。白い長方形は「陽線」、黒い長方形は「陰線」と呼ばれます。陽線の場合、白い長方形の上辺は、そのときの終値を、下辺は始値を指しています。値上がりして終わったということです。逆に陰線の場合は、上辺が始値、下辺が終値です。そして、陽線でも陰線でも、上辺から伸びている直線の先はそのときの最高値、下辺からのびている直線の先は最安値を示しています。これらの直線は「ヒゲ」と呼ばれます。株価の上昇が続いているときに陰線が現れたら「そろそろ下がりそう」などと予測できるわけです。ロウソク足を上手に使って、株価を予想してみてください。

Written by: admin日経平均に投資して上手な資産運用をする方法を紹介しています。

最近は株取引に参入する一般投資家が増えていますが、実際に資産運用に成功した人もいれば資産が目減りしてしまった人もいるようです。株取引に興味があっても参入をためらっている人も多いのではないでしょうか。やはり株式投資には抵抗があるようです。

個人投資家や株取引の初心者が参入しやすい日経平均株価が注目されています。日経平均株価に投資する→方法や資産運用のリスクを最低限に抑えたい人は、情報サイト「日経平均の話」がお役に立ちます。

日経225先物、CFD(差金決済契約)、ETF(取引所で取引される投資信託)、債券投資信託の上手な運用方法を詳しく紹介しています。日経やTOPIXの株価指数連動の投資信託で高利回りを確保する方法、日経平均を利用する株価指数CFDを投資プランへ活かす方法、日経平均株価を見て店頭取引で有望な株を選ぶ方法など実践ですぐに役立つ情報が満載です。

ETFは上場企業の「株価指数」に連動して運用される投資信託ですから一般の株式と同様に市場でも取引ができます。TOPIXや日経225などの株価指標に連動して運用できるメリットもあります。ETFにチャレンジしてみたい人はこちらのサイトで日経平均株価に投資するノウハウを学んでみましょう。

平日は仕事をしながら帰宅後や週末を利用して資産運用をしている人は、取引時間を気にしないで年間を通して24時間取引可能な日経平均がおすすめです。インターネットを利用すればいつでも都合の良い時間に取引が可能です。パソコンが苦手な人は店頭や電話などで取引をすることになりますが、スピーディーな運用を希望する人にはおすすめできません。

こちらの情報サイト「日経平均の話」は、ライフスタイルや資金額に合った上手な資産運用の方法を紹介しています。サイトのフィード登録をするとログインしなくても更新された新しい情報を自動的にプログラム表示できます。コメントを投稿したり質問をしたい人も登録を済ませてから利用しましょう。名前とメールアドレスだけでオーケーです。

Written by: admin未公開株購入の勧誘に気をつけましょう

株式投資は、上手に取引をすれば資産を増やすことができます。
しかし、最初にまとまった資産(数百万円~数千万円)が必要になることや、損失を出す可能性も高いことなどデメリットもあります。
最初から値上がりが確実とわかっているものや、上場間近の株がわかっていれば…
そう思う、投資家の方も多いと思います。

そこで、気をつけてほしいのが「未公開株購入の勧誘」です。
実は、未公開株の購入のトラブルが増加しています。
例えば、内緒の話だけど上場間近の企業があり未公開株を特別にあなただけに売ってあげます!
などと言われ、実際に買取金額を渡したが、株券が届かない。または上場することなく株価が上がらない。
このようなトラブルが増加しています。

初心者の方や、株式投資で損失を出し過ぎて困っている人などは、この「未公開株購入の勧誘」に乗りやすいので気をつけましょう。
実は未公開株は未公開株の発行会社や登録を受けた証券会社のみしか、販売ができない決まりになっています。
業者に「取引先にコネがある」「未公開株がおすすめです」「これから儲けが出ますよ」などど上手く言われて、購入してトラブルになる人は後を絶ちません。

勧誘を受けた場合、まずは確認作業を怠らずにやりましょう。
未公開会社が証券取引所に上場するときには「公募増資」を行うことが多いです。
公募増資をするときには、届出書を内閣総理大臣に提出します。
この届出書の提出の有無や様式を確認することで、その未公開株が上場するか?判断するいい条件になるでしょう。

届出書の提出の有無なんて、簡単に調べられないでしょう…
そう思うかもしれませんが、金融庁のホームページで確認することができます。
ちなみに、未公開株購入の勧誘注意についても、金融庁のホームページなどでも詳しく知ることができます。

未公開株の購入の勧誘を受けた場合、怪しい・心配と思ったときには上記のことを確認してみるといいでしょう。
また、購入を見送ることもいいと思います。
未公開株は上場されないと、売買を成立させることは難しく、換金することも困難になります。
トラブルになる前に、未公開株購入には慎重になりましょう。

Written by: admin株式投資を始めるなら日経平均株価について知りましょう

最近テレビでは、株式投資で資産を増やした人や生活している人の特集をよくみますよね。
本業としてだけではなく、副業として成功している人も多いですよね。
株式投資はリスクもありますが、最近では先物取引などもありますし、始めやすくなってきています。
そろそろ株式投資を始めてみようかな?
そう思ったときに、まずは日経平均株価について知るところから始めましょう。

日経平均株価とは、株式投資に興味のない一般人でも聞いたことはあるでしょう。
夕方のニュースでは、必ず報道していますよね。
この日経平均株価。何のことか?
知らなくては株式投資は始められません。

実は日経平均株価とは、難しいことは何にもありません。
東証1部上場の銘柄から選ばれた225銘柄の平均株価のことです。
どのような銘柄が選ばれているかというと、トヨタやNTTなど日本に住んでいるならば誰でも知っているような大企業が多いですね。
また、株価が高い銘柄が多いため、その影響を受ける特徴も挙げられます。
ちなみに似たようなものに「TOPIX」というものがあります。
TOPIXは、東証1部上場の全銘柄の時価総額の合計を、全銘柄で割った株価のことです。
日本で株価の指標となるのは、だいたいこの2つです。

日経平均株価とTOPIXが、なぜ株式投資を始める前に知っておくべきか?
この2つの株価を知ることは、相場全体の流れを読む指標と思っていてください。
日経平均株価やTOPIXの株価が上がれば、相場の調子がいい。下がれば調子が悪い。
とてもわかりやすいと思いませんか?

ちなみにもっと深く話すと、NYダウ平均株価も確認しておくといいですね。
こちらは日経平均株価のアメリカ版と思っていてください。
ダウ平均株価は30銘柄の平均株価のことです。
実は日経平均株価はNYダウの影響を受けやすいため、NYダウの調子が悪ければ日経平均株価も調子が悪くなる可能性が高くなります。
余裕があれば、こちらの株価も確認しておくといいでしょう。